夢可愛いにプラスして

夢可愛いファッションやアイテムの根底には「メルヘンで幻想的でかわいいもの」が組み込まれています。夢可愛いファッションやアイテムに使われているのが、ピンクやブルー、イエローなどのパステルカラーとなっており、さらに素材に柔らかい物が多い為、女の子の優しい世界を連想させるようになっています。

そんな夢可愛いファッションやアイテムに、パープルなどの不安になるようなカラーをあえて加える事で、ある要素もプラスしています。ある要素とは、「病み」という要素です。先ほど紹介したパープル系の色調のアイテムを加えるのはもちろんの事、注射器であったり包帯などを上手に取り入れる事によって、「怖い」「痛い」というイメージを付け加えているのです。

注射器や包帯などをそのまま取り入れてしまうと、単に怖いイメージだけを付けてしまうこともあります。しかし、そこに華やかで柔らかいパステルカラーであったり、リボンや星、月やユニコーンなどのかわいい要素を多目に取り入れる事によって、怖いイメージが上手く調和されてかわいいファッションに刺激が加えられるのです。お刺身に入れるワサビのように、上手に取り入れる事で夢可愛いを何倍にも可愛くする効果があるのです。